ブラックフォーマルを購入するなら、体型・使用頻度を考えて!

私は、大学生になった時に、母からもう制服ではお葬式など出られないのだからということで、初めて、アルバイト代で喪服を購入しました。デパートなどでも色々と売られていましたが、折角買うのならスーツの専門店で購入したいと考えていて、地方の田舎なので洋服の青山か洋服のはるやましか基本的に選択肢がなく、アルバイト代で買うには洋服の青山は少し高いイメージがあったので、チラシでちょうどセールをしていた洋服のはるやまへ行きました。

身長が高い方なので、パンツタイプとワンピースタイプと迷い悩みましたが、一緒に出掛けた姉や母もワンピースタイプを持っていて、太ったり痩せたりしてもおなか回りの変化にも対応できるし、飲食をする際にはズボンより楽だよと教えてもらったのでワンピースタイプを選びました。ワンピースタイプの中には、リボンがついたフェミニンなものなど色々ありましたが、親せきが少ないこともあり今後10年20年の間でそこまで出番がないだろうから長く使えるようにと思い、シンプルなデザインにしました。

シンプルながらも、ウエストは少しくびれるような形で、丈は短すぎず長すぎずの大人っぽさが出る、すねの真ん中ぐらいにくるものを選びました。また、通年して使えることも大事だと思い、袖丈が5分丈ぐらいのものにして、上着が無くても過ごしやすいものを選びました。ジッパーは背中にあるタイプや胸の横にあるタイプなど様々ありましたが、体がそんなに柔らかくなく一人で着られる自身もなく、今後40肩のように腕が上がらなくなった時にの着やすさなども考えて、胸の横にあるタイプを選びました。

細身の親せきの多くは似たようなワンピースタイプのことが多く、かなり太めの親せきは、Aラインのワンピース型や、きちんとした喪服ではなくその時に着ているスーツのパンツを代用することが多いということで、黒のジャケットを羽織って対応するということも多いそうです。
以上の経験から、ブラックフォーマルは体型と、どれだけ使用するかを検討して買うのがいいのではないかと思います。