サイズ選びに見栄は必要ない!

同僚の駆け込み結婚ラッシュが落ち着いてきた頃、
親戚を見渡せば高齢者予備軍がちらほら。
事前に用意しておくのも縁起が悪そうだなぁと思っていたところ、用意しておくと逆に着る機会は遠のくものだよと言われたことをきっかけに購入を決断。

せっかく購入するなら品質の良いものを実際に手にとって確認してから購入したいと思い百貨店に行くことにしました。
キュッと腰のくびれたマネキンが着ている喪服は品も良く見えスタイルもスッキリとしており、当時の私はこれならば
親戚のオバ様一同のうわさ話の中でもあまり蔑んだことにはならないだろうと思いました。
とにかく着ているものの良し悪しを語りあわなければ気が済まない人たちなのです。

購入してから4年後、着用機会は突然訪れました。
連絡を受けてからすぐさま喪服の準備。年齢も落ち着いてきた私。喪服の私も案外良いんじゃないかしらなどとくだらない、本当にくだらないことを考えながら袖を通すとあのキュッとくびれた喪服のスカートのファスナーが閉まらない。
ジャケットの肩周り腕周りがいまにもはちきれそう。
慌てました。おおいに慌てました。
おおいに慌てて近所のスーツ屋に駆け込みました。

あまりに慌てた顔をしながら喪服を選んでいたのでしょうか?試着を繰り返している私に柔らかい物腰の店員さんが声をかけてきました。
準備していた喪服のサイズが合わない話を苦笑い交じりで話すと
いくつか選ぶポイントを教えてくれて何点かもってきてくれました。
10年後も安心して持っていられるように少しサイズに余裕のあるもので、素材としては季節感の出にくい春夏秋冬いつでも対応できるものがオススメとのこと。
タイトなスタイルのものは綺麗だけれど動きにくくなるので
裾が広がったものの方が楽に動けるため身内での法要には良いとおもいますと。

なるほど、見た目ばかりに気を取られすぎて選んだ私は失敗するべく失敗したのだな。
店員さんにオススメされた喪服は購入してから10年経っても安心して袖が通せるものとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です